EDを改善できるバイアグラがより便利に

アルコールには比較的強いゼリータイプ

思うように男性器が勃起しない…このようなEDの症状は、現在世界中の男性を悩ませる原因の一つとなっています。
もちろん和歌山においても例外ではありません。
ここではEDを改善する薬として人気が高い薬であるバイアグラの特徴と、処方についての情報を紹介していきます。

バイアグラには、ゼリータイプがあります。
含まれている成分は錠剤とほぼ同じなのですが、実はそれはアルコールに関する特徴があるのです。
普段からよくお酒を飲む方々としては、ゼリータイプを検討してみるのも一法でしょう。
なぜなら、それはアルコールの影響を受けづらい特徴があるからです。

そもそも錠剤タイプのバイアグラの場合は、実はアルコールとはあまり相性が良くありません。
たとえアルコールを摂取していたとしても、決して効果ゼロになる訳ではないのです。
しかしアルコールによって、ちょっとバイアグラの効果が薄められてしまう傾向があるので、ちょっと飲酒は控える方が良いのです。

ところがゼリータイプの場合は、話は大きく異なってきます。
錠剤タイプとは違って、アルコールの影響をそれほど大きく受けません。
多少は飲んでいたとしても、それなりに行為時に力を発揮できる傾向はあります。
普段からよくアルコールを飲む方々には、ゼリータイプがおすすめです。

以外と多くの方が知らないのが、バイアグラの入手方法についてです。
バイアグラを手にするには、EDの症状に対応しているクリニックに行き、診断を受けて処方してもらうという流れになっています。
しかし最近はクリニックまで足を運ばなくてもED診断を受けられる「オンラインでの診療」も登場しています。
和歌山でもクリニックまで行くのが大変な方は、このオンラインでの診療を活用すると良いでしょう。

バイアグラとジェネリック医薬品

バイアグラはアメリカのファイザー社が開発した勃起不全を改善するお薬でシルデナフィルという物質です。
この物質は狭心症の治療薬として当初開発されていました。
しかし、臨床試験中に偶然、勃起不全に対する効能が発見されたという経緯があります。

このバイアグラですが、インドでは同じ成分で造られたカマグラやカベルタ、ペネルタという薬が発売されています。
また、日本国内では平成26年に成分特許が切れたことによりジェネリック医薬品としてシルデナフィル薬が生産・流通するようになりました。

日本のジェネリック医薬品は合法的なものです。病院で診断を受け、処方してもらうことや、遠隔診療などを受けて診断を行い、和歌山をはじめとして全国で処方してもらうことが可能となっています。
しかし、インド製のカマグラやカベルタといったものはグレーな面があります。
というのも、インドでは製法に関する特許のみが認められているので、作り方が違えば同じ成分でも違法ではないのです。
ある意味、制度の隙間を突いた薬とも言えるでしょう。

日本ではカマグラなどは未承認薬となっていますので、和歌山でも個人輸入代行サイトなどを利用することによって入手は可能ですが、あくまで使用は自己責任になります。